メニュー

脊髄脊椎疾患治療センター

脊椎・脊髄疾患では手や足に様々な形の痛みやしびれ、運動障害などの症状がみられます。

当脊随脊椎疾患センターでは、これらの疾患の診断は、MRIを中心とした高度な診断機器にて行います。
治療は、現在までに約8,000例の脊椎脊髄疾患の手術経験を有するスタッフを中心に、手術用顕微鏡下での外科手術をはじめとして、高周波熱凝固療法、硬膜外電気刺激療法、神経ブロック療法、各種理学的療法を行います。
また充実したスタッフによるリハビリテーションもセンター内にて行います。
当センターは高度に専門化したスタッフが一致協力して、脊椎・脊髄疾患による様々な症状を患っておられる方々を、総合的に診断し治療する事を目指しています。
脊髄脊椎疾患治療の詳細は、「脊髄脊椎疾患治療」をご覧ください。

 

脊椎脊髄疾患治療実績

  2003
-2012
2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 累計総数
手術総数 3,762 345 410 392 490 538 575 545 7,057
                   
疾患別                  
 頚椎椎間板ヘルニア 190 12 26 21 14 12 16 15 306
 頚椎症 420 28 44 53 48 48 47 46 734
 頚椎後縦靱帯骨化症 136 10 14 9 10 9 1 6 195
 胸椎後縦靱帯骨化症 5 1 0 1 1 0 1 2 11
 胸椎黄色靱帯骨化症 49 8 7 6 0 5 5 6 86
 腰椎椎間板ヘルニア 700 82 79 73 109 119 124 118 1,404
 腰部脊柱管狭窄症 901 71 74 84 127 127 105 115 1,604
 腰椎すべり症 389 29 34 43 23 22 42 39 621
 脊髄脊椎腫瘍 141 13 14 9 12 5 12 6 212
 脊髄脊椎損傷 13 1 3 8 3 9 10 12 59
 脊椎圧迫骨折 88 31 28 18 35 24 34 26 284
 その他 730 59 87 67 108 158 178 154 1,541
                   
術式別                  
 頚椎前方除圧術 69 2 3 5 7 7 8 7 108
 頚椎前方固定術 269 13 27 25 14 18 11 18 395
 頚椎後方除圧術 352 32 49 41 32 31 31 30 598
 頚椎後方固定術 31 5 6 16 13 15 16 20 122
 腰椎椎間板ヘルニア摘出術
 (顕微鏡下)
615 67 56 50 80 71 60 43 1,042
 脊椎椎弓切除術 951 69 76 91 78 93 99 95 1,552
 腰椎固定術 401 46 58 62 45 26 43 46 727
 脊髄脊椎腫瘍摘出術 124 12 15 6 10 5 12 4 188
 経皮的椎体形成術(BKPなど) 67 25 22 18 22 23 25 24 226
 経皮的内視鏡手術 0 0 0 0 19 52 68 61 200
 ヘルコニア注入療法 0 0 0 0 0 0 0 20 20
 高周波熱凝固療法 321 24 40 16 39 34 59 60 593
 パルス高周波療法 0 0 0 0 86 103 95 74 358
 その他 572 50 58 62 45 60 48 43 938

令和元年12月31日現在

ページの先頭へ戻る

脊髄脊椎疾患治療センターへのお問い合わせ

脊髄脊椎疾患治療センター
054-643-5632

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME