メニュー

令和2年度病院指標

年齢階級別退院患者数 

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - 12 68 117 228 407 656 397 121

令和2年度に当院を退院された2,006人の患者様の年齢を10歳刻みで区分して集計したものです。70歳以上の患者様は1,174人で全体の58.5%を占めております。また、50歳代と60歳代の患者様は合計で635人で全体の31.7%となっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100XX01XXXX 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 183 2.09 2.66 0 65.69  
060130XX9900XX 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 26 2.27 7.71 0 78.81  
060102XX99XXXX 穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 13 2.92 7.74 0.08 76.31  
060160X001XXXX 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 12 3 4.86 0 70.75  
090010XX99X31X 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 あり 12 2 17.07 0 65  

外科で最も多い症例は、「小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術」です。次に多いのは、「食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし」で、「穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし」と続きます。また、当院の在院日数は、いずれも全国平均を下回っています。

 

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800XX01XXXX 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 17 30.76 25.09 0.12 78.41  
070230XX01XXXX 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 13 32.15 23.36 0 77.23  
07040XXX01XXXX 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 13 31.15 21.03 0 71.31  
070210XX01XXXX 下肢の変形 骨切り術 前腕、下腿等 12 35.42 21.13 0 60.17  
070230XX97XXXX 膝関節症(変形性を含む。) その他の手術あり - - 7.61 - -  

整形外科で最も多い症例は、「股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等」です。次に多いのは、「膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等」で、「股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等」と続きます。

 

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081XX99X0XX 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 43 25.05 20.51 0 87.09  
130060XX97X40X 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 12 8.5 18.98 0 75.08  
040040XX9900XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 10 50.7 13.3 0 81.7  
050130XX9900XX 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 17.23 - -  
010069XX99000X 脳卒中の続発症 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.7 - -  

内科で最も多い症例は、「誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし」です。次に多いのは、「骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし」で、「肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし」と続きます。

 

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070350XX02XXXX 椎間板変性、ヘルニア 椎間板摘出術 後方摘出術 70 15 14.28 0 57.27  
070343XX97X1XX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり 56 18.27 19.22 0.02 71.73  
070341XX020XXX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等1 なし 32 25.59 19.9 0.31 72.41  
010060X2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 28 16.93 15.64 0.43 73.25  
070343XX01X1XX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2 1あり 26 25 26.18 0.23 66.92  

脳神経外科で最も多い症例は、「椎間板変性、ヘルニア 椎間板摘出術 後方摘出術」です。次に多いのは、「脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり」で、「脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等1 なし」と続きます。

 

放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010XX9906XX 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 6あり 303 7.52 4.04 0.03 65.63  
010010XX9903XX 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 104 16.63 17.29 0.04 65.72  
010010XX97X3XX 脳腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 3あり 17 27.41 34.28 0.29 70.53  
010010XX9900XX 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 12 10.42 11.5 0 68.75  
010010XX97X6XX 脳腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 6あり 11 27.18 24.96 0.18 68.36  

放射線科で最も多い症例は、「脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 6あり」です。次に多いのは、「脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり」で、「脳腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 3あり」と続きます。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1  
大腸癌 - - - - - 18 2 7
乳癌 - - - - - 14 1  
肺癌 - - - - - 11 1  
肝癌 - - - - - -    

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 - - -
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 92 20.36 77.67 0.35
その他 45 60.91 80.71 0.13

当院では「脳梗塞の患者」は137人、うち発症から3日以内の患者様は67.2%にあたる92人で、急性期の患者様が多くなっております。平均在院日数は、発症から3日以内の場合は20日程度で、平均年齢は77歳を超えています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 183 0.06 1.03 0 65.69  
K6335 鼠径ヘルニア手術 12 1 1 0 70.75  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  

外科の手術症例が多いのは、「内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)」で、次に「鼠径ヘルニア手術」となっています。当院の外科におきましては、内視鏡的治療が多いのが特色です。

 

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 30 1.03 30.17 0 75.03  
K0542 骨切り術(前腕) 18 1.61 34.89 0 64.61  
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 14 1.5 4.14 0 58.79  
K0461 骨折観血的手術(大腿) 10 1.9 23.8 0.1 78.2  
K0811 人工骨頭挿入術(股) - - - - -  

整形外科の手術症例が多いのは、「人工関節置換術(膝)」です。平均術前日数は1日程度で、術後は30日程度になっています。

 

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 98 5.73 13.91 0.12 71.86  
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 69 2.96 11.55 0 57.26  
K134-4 椎間板内酵素注入療法 49 0.63 2.04 0 55.10  
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 33 7.64 29.76 0.30 72.27  
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 32 5.97 13.69 0.09 64.09  

脳神経外科の手術症例が多いのは、「脊椎、椎弓、椎間板」に係るもので、中でも「脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除)」が最も多く、次に「椎間板摘出術(後方摘出術)」、「椎間板内酵素注入療法」となっています。平均術前日数は1日~8日で、術後は2日~30日程度を要しています。

 

放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 22 1.86 25.23 0.27 68.59  
K145 穿頭脳室ドレナージ術 - - - - -  
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -  
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -  

放射線科の手術症例が多いのは、「抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)」です。平均術前日数は2日程度で、術後は25日程度を要しています。

 

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -

手術・術後の合併症は臨床上ゼロにはなりえないとされていますが、細心の注意を払い治療にあたっています。また、起こりうる合併症については、事前にご説明しています。

 

更新履歴

2021年9月27日 「病院情報の公表」を公開しました。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME